サプリで痛みを軽減|ダルさが気になる夏バテを解消するサプリ|軽やかな身体になる食品

ダルさが気になる夏バテを解消するサプリ|軽やかな身体になる食品

婦人

サプリで痛みを軽減

サプリと女の人

飲み続けないといけません

サプリメントを使って関節痛を治そうと考えても、サプリメントを飲んでもすぐには効果が出る訳ではありません。関節痛を緩和または予防するサプリメントの主成分はグルコサミンのことが多く、グルコサミンが体に吸収され、軟骨成分に変換されるまでには時間がかかります。少なくとも3ヶ月以上は飲み続けるようにしてください。中高年齢になると体内のグルコサミンが減少してしまうため、関節痛が起きていなくても予防のためにサプリメントを飲むことは意味のあることです。既に関節痛が出てしまっている場合には、鎮痛消炎作用のある成分が追加されていたり、コンドロイチンやヒアルロン酸が配合されているサプリメントを利用することによって痛みを軽減することができます。

配合されている成分

関節痛に効果のある成分として有名なのがグルコサミンとヒアルロン酸とコンドロイチンです。グルコサミンは軟骨を生成する成分のプロテオグリカンを作る成分で、ヒアルロン酸やコンドロイチンはプロテオグリカンに含まれる成分です。そのため、グルコサミンが軟骨を作りだす主成分になるため、関節に良いとされるサプリメントはグルコサミンを中心に配合されています。ヒアルロン酸とコンドロイチンは高い保水力を持ち、関節のクッションの役割を果たします。グルコサミンはコンドロイチンと一緒に摂取することで消化・吸収が良くなるため、グルコサミンサプリメントの多くでコンドロイチンを少量ではありながら配合していることが多くなっています。